MENU

医療ネットワークシステム

少子高齢化が進み、今後は更に病院にかかる高齢者は増え
その医療を支える若い世代が不足する事が予測される
我が国の今後の医療において
人工知能(AI)、情報技術(IoT)、ロボット工学の利用を
今後の医療にどのように導入していくか,これが今後の医療推進の重要なポイントであると考えています。 
医療を支えていくための人材の不足,過重労働等問題の解決
医療費増加問題の解決
ゲノム医療・薬剤開発等の研究費の不足問題の解決
これらの問 題に対してAI,IoT,さらにロボット工学の利用は問題解決の重要な鍵となります。 

特に,厚生労働省は「住まい」「医療」「介護」「予防」「生活支援」といった 5 つのサービ スを
一体的に提供できる体制 ( 「 地域包括ケアシステム 」 ) の構築を推進しております。

【 地域包括ケアシステム 】
高齢化社会における、超高齢者を含む 高齢者の生活の場は地域の自宅であり在宅での治療が基 本となるという考え方。

ここで期待されるのが
遠隔医療の進歩による在宅医療の変化(データ収集,モニタリ ング等)
遠隔診療が認められるAIの進歩に伴うAI診療ロボットとAIを組み合わせた医療
ロボットと A I による在宅ケアなど
になります。

また、補助金の関係もあり医療機関での電子カルテ化は進みましたが
医療の多様化の対応、医療サービスの維持を考える上で
今後は更にITを取り入れることはあらゆる医療機関で考慮しなければならない
フェーズに来ていると感じています。
実際、近年医療業界にもAIやディープラーニング(機械学習)の技術が取り入れられてきており
業務の効率化やデータの収集、遠隔操作技術の取り組みが行われてきています。

ただ、医療のAI連携やIoT化は、医学的な専門知識や法律。一方、IT分野の知識や技術が必要で
医療機関は,医療の課題やニーズ、豊富な医療データやアイデアなどはあるものの
IT知識やIT ベンダーとのネットワークが乏しく導入に具体的に着手できない状況です。
一方,IT技術を有するITベンダーは,医療機関とのネットワークが少ないために
医療ニーズや医療データにアクセスしにくいことや、更に薬機法など薬事行政の経験も不充分なために実用化は簡単ではありません。
重要な点として特定のAI アルゴリズムを医療分野で活かすのではなく
特定の医療課題を解決するために、最適なAIアルゴリズムを選定・開発する必要があります。
また医療データは個人差のある患者で医療現場で医療データや医療者の助言で AIアルゴリズムをカスタマイズする必要があります。
その上、AIで分析・出力した結果が正し いのかどうかを解釈,判断できるのは医療者であり正解データを提供できるのも医療者です。
従っ て医療者の関与がない限り質の良い医療データをAIが学習することはできず課題を解決することは出来ません。
こう言った事で、AI の医療応用を事業化したいと考える製薬・ヘルステック企業も
研究から事業開発まで自社単独で全て対応することは、時間・リソースの観点からも困難な場合も多いのが実情です。

この問題を解決する為に、CREATIVE HOUSEでは
臨床経験や医療機器のマネジメント経験の医療経験とIT技術の両方を持ち合わせ
経験と資格・人脈を活かしたサービスである
「 医療 x IT 」の事業を進めております。

このように医療の世界もDX化が求められてくる時代で
加えて、AIやクラウド、ブロックチェーンの登場で
確実に医療の技術は進歩していき
今後変化していくことはもちろん、変化を求められるようになります。
現在も様々な技術や新しい医療機器が登場してきています。
自社システムのDX化や、AIやクラウド導入、セキュリティ強化など
システム開発やデータセット開発を行なっております。
多くの医療関係者の方々、開発者からのお問い合わせをお待ちしております。

少子高齢化が進み、今後は更に病院にかかる高齢者は増え
その医療を支える若い世代が不足する事が予測される
我が国の今後の医療において
人工知能(AI)、情報技術(IoT)、ロボット工学の利用を
今後の医療にどのように導入していくか

これが今後の医療推進の重要なポイントであると考えています。 
医療を支えていくための人材の不足,過重労働等問題の解決
医療費増加問題の解決
ゲノム医療・薬剤開発等の研究費の不足問題の解決
これらの問 題に対してAI,IoT,さらにロボット工学の利用は

問題解決の重要な鍵となります。 

特に,厚生労働省は

「住まい」「医療」「介護」「予防」「生活支援」
といった 5 つのサービ スを
一体的に提供できる体制 ( 「 地域包括ケアシステム 」 ) の構築を

推進しております。

【 地域包括ケアシステム 】
高齢化社会における、超高齢者を含む 高齢者の生活の場は

地域の自宅であり在宅での治療が基 本となるという考え方。

ここで期待されるのが
遠隔医療の進歩による在宅医療の変化(データ収集,モニタリ ング等)
遠隔診療が認められるAIの進歩に伴うAI診療ロボットと

AIを組み合わせた医療
ロボットと A I による在宅ケアなどになります。

また、補助金の関係もあり医療機関での電子カルテ化は進みましたが
医療の多様化の対応、医療サービスの維持を考える上で
今後は更にITを取り入れることはあらゆる医療機関で

考慮しなければならないフェーズに来ていると感じています。
実際、近年医療業界にもAIやディープラーニング(機械学習)の技術が

取り入れられてきており業務の効率化やデータの収集
遠隔操作技術の取り組みが行われてきています。

ただ、医療のAI連携やIoT化は、医学的な専門知識や法律。

一方、IT分野の知識や技術が必要で
医療機関は,医療の課題やニーズ、豊富な医療データや

アイデアなどはあるものの
IT知識やIT ベンダーとのネットワークが乏しく

導入に具体的に着手できない状況です。
一方,IT技術を有するITベンダーは

医療機関とのネットワークが少ないために
医療ニーズや医療データにアクセスしにくいことや

更に薬機法など薬事行政の経験も
不充分なために実用化は簡単ではありません。
重要な点として特定のAI アルゴリズムを医療分野で活かすのではなく
特定の医療課題を解決するために

最適な AI アルゴリズムを選定・開発する必要があります。
また医療データは個人差のある患者で医療現場で

医療データや医療者の助言で
AI アルゴリズムをカスタマイズする必要があります。
その上、AIで分析・出力した結果が正し いのかどうかを解釈

判断できるのは医療者であり正解データを提供できるのも医療者です。
従っ て医療者の関与がない限り質の良い医療データを

AIが学習することはできず課題を解決することは出来ません。
こう言った事で、AI の医療応用を事業化したいと考える

製薬・ヘルステック企業も
研究から事業開発まで自社単独で全て対応することは

時間・リソースの観点からも困難な場合も多いのが実情です。

この問題を解決する為に、CREATIVE HOUSEでは
臨床経験や医療機器のマネジメント経験の医療経験と

IT技術の両方を持ち合わせ
経験と資格・人脈を活かしたサービスである
「 医療 x IT 」の事業を進めております。

このように医療の世界もDX化が求められてくる時代で
加えて、AIやクラウド、ブロックチェーンの登場で
確実に医療の技術は進歩していき
今後変化していくことはもちろん、変化を求められるようになります。
現在も様々な技術や新しい医療機器が登場してきています。
自社システムのDX化や、AIやクラウド導入、セキュリティ強化など
システム開発やデータセット開発を行なっております。
多くの医療関係者の方々、開発者からの

お問い合わせをお待ちしております。

医療ネットワークシステム開発・構築・運営・保守管理
Medical network system
Development, construction
Operation, Maintenance Management

      オンライン診療のシステムの開発・構築・保守管理
      スマホアプリでの予約完結から初診時のカルテ入力の電子完結。
      待ち時間解消、人手不足解消など

      在宅医療のオンライン化や在宅医療支援ネットワーク。

      在宅透析医療の治療開始や返血操作時の支援システム
      警報やトラブル時の病院スタッフへの通知などの
      オンライン対応等の遠隔医療支援システムの開発・構築・保守管理
      これに伴うコンパクト化された次世代透析管理装置の開発。


      オンライン診療のシステムの開発・構築・保守管理
      スマホアプリでの予約完結から
      初診時のカルテ入力の電子完結。
      待ち時間解消、人手不足解消など

      在宅医療のオンライン化や
      在宅医療支援ネットワーク。

      在宅透析医療の治療開始や
      返血操作時の支援システム
      警報やトラブル時の病院スタッフへの通知などの
      オンライン対応等の遠隔医療支援システムの
      開発・構築・保守管理


看護支援システム
Nursing support system

   看護師やコメディカルの負担軽減や人手不足問題の解決
   業務プロセスの改善を、ITで解決を行うシステム開発。
   ChatGPTなどのAIを用いたカルテ入力業務の補助や
   ダブルチェック機能の強化・異常検知・通知システムなど。
      
                   
   

看護支援システム
Nursing support system

      看護師やコメディカルの負担軽減や人手不足問題の解決
      業務プロセスの改善を、ITで解決を行うシステム開発。
      ChatGPTなどのAIを用いたカルテ入力業務の補助や
      ダブルチェック機能の強化・異常検知・通知システムなど。

                   

医薬品ネットワークシステム
Pharmaceutical network system

      薬局の待ち時間解消を行うシステム。
      地域薬局との連携を行うネットワークにより
      より改善された在庫管理システムの構築

    薬局の待ち時間解消を行うシステム。
    地域薬局との連携を行うネットワークにより
    より改善された在庫管理システムの構築

病院・医院 院内システム開発・構築・運営・保守管理
Hospital・clinic、 In-hospital system
development・construction・operation
maintenance management​

      病院・医院・歯科医等の院内の電子カルテサービスをはじめ
      ChatGPTなどのAIを用いたカルテ入力業務の補助や
      ダブルチェック機能の強化など。
      予約・院内システム・カルテ記入のスマホ完結・電子化の

      開発・構築・保守管理

 

      院内の医療機器の貸出・返却、点検・修理等の
      管理ネットワークシステムの開発・構築・保守管理
                   

      ChatGPTなどのAI・ビッグデータを用いた
      診療補助・画像診断補助
                   

病院・医院 院内システム開発・構築・運営・保守管理
Hospital・clinic、 In-hospital system
development・construction・operation
maintenance management​

      病院・医院・歯科医等の院内の電子カルテサービスをはじめ
      ChatGPTなどのAIを用いたカルテ入力業務の補助や
      ダブルチェック機能の強化など。
      予約・院内システム・カルテ記入のスマホ完結・電子化の

     開発・構築・保守管理


 

      院内の医療機器の貸出・返却、点検・修理等の
      管理ネットワークシステムの開発・構築・保守管理

      ChatGPTなどのAI・ビッグデータを用いた
      診療補助・画像診断補助

介護支援システム
AI care robot

      地方の少子高齢化に伴う介護施設の人手不足の解消を
      AI介護ロボット等を活用し問題解決を行い地方創生を目的とした
      システム構築・AI解析・ロボット制作。


  

      地方の少子高齢化に伴う介護施設の人手不足の解消を
      AI介護ロボット等を活用し問題解決を行い

     地方創生を目的とした
      システム構築・AI解析・ロボット制作。


  

透析医療治療支援システム「 ReMA 」
Dialysis medical treatment support system “ReMA”

透析医療治療支援システム「 ReMA 」
Dialysis medical treatment support system “ReMA”

AI介護ロボット
Care support system

      地方の少子高齢化に伴う介護施設の人手不足の解消を
      AI介護ロボット等を活用し問題解決を行い地方創生を目的とした
      システム構築・AI解析・ロボット制作。


  

     地方の少子高齢化に伴う介護施設の人手不足の解消を
     AI介護ロボット等を活用し問題解決を行い

    地方創生を目的とした
     システム構築・AI解析・ロボット制作。


CREATIVE HOUSE が用いるデータはブロックチェーンによる安全なデータの流動性を確保・想定しております。
医療補助に関しては、法律及び院内方針にも合わせて
データ取得・医療補助を行うシステム構成を行なっております。
医療補助行為に関しては、あくまで補助を目的とし
医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律 等法律上許諾されている範囲で開発を行っております。

CREATIVE HOUSE の医療用AI機器・医療用データセットの一般情報は、医師・歯科医師・薬剤師・看護師・臨床工学技士・臨床検査技師等の医療関係者の方に提供することを目的として作成されており
医療関係者の方によるアドバイスの代替となるものではありません。
最新の正確な情報を提供するよう努めますがその情報の正確性、通用性、完全性についてはいかなる責任を負うものでもなく、保証するものでもありません。
利用について自己のリスク(危険負担)とすることに同意するものとします。
このサイトの利用、アクセス及びアクセス不能の結果生じる損害またはこのサイトの情報の利用及びその内容の誤謬・誤脱を信頼した結果生じるいかなる損害についても一切の責任を負いません。
このサイトの内容は著作権法で保護されております。あらゆるコンテンツのダウンロード・複写等の使用は禁じます。また、内容に変更を加えたり、更なる複製を行うことを禁じます。
このサイトは著作権、商標権、その他の知的財産権に基づくいかなる権利も許諾するものではありません。
必要により何ら通知することなく、このサイトの内容を削除、修正、補充することがあります。その変更などにより生じる結果については何ら責任を負いません。

error: Content is protected !!