MENU

ドローン撮影

Service

大分を拠点に、九州全域で飛ばせるドローン空撮専門サービスになります。
日本全国対応。過去に様々な状況での飛行・撮影を経験しており、難しいご要望でもお受け致します。
飛行のみならず、複雑な事前の許可申請も全てお任せいただけます。
航空法は勿論のこと、道路交通法や都道府県の条例に配慮し、法令遵守にて安全な飛行を実現させます。
ドローンでしか撮れない映像・写真を撮ることで、我々の映像・スチールをもって
クライアント様のサービス・ビジネスを加速させて頂きます。

※無許可での飛行は厳重に処罰されます。

都心や住宅密集地など一般的に飛行が難しいとされているエリアでの撮影もご相談頂けます。
撮影場所の手配から許可申請等事前準備、当日の飛行までワンストップにて対応が可能です。

CASE STUDY

国交省 全国飛行許可取得

国土交通省が発行する
航空局標準マニュアルに則り
飛行禁止エリアでの飛行や
夜間飛行を安全第一にて実現させます

損害保険

万が一墜落により物損が発生した際や
撮影時における肖像権やプライバシー権の
侵害により賠償金が発生した際でも
保険によりお客様に負担が生じないよう
配慮し撮影を行います

法的ルール遵守の徹底

事前に所定の許可・申請手続きし
所有空間の無断利用(領空侵犯)を
行わないようにします。
また可能な限り警察・自治体・関連機関への飛行情報共有を徹底します

フライト条件

  • 雨天(少雨含む)は飛行できません。
  • 風速10m/s以上の場合は、危険を伴うため飛行は致しません。
  • 要望により、10m/sを超える風速で飛行させなければならない状況で発生した、
  • 万一の墜落等で破損した機体、弊社が用意した
    カメラ、レンズ等の破損に関わる修理代は請求いたします。
    保険の加入をおすすめ致します。
  • また、そのことにより発生した二次加害等に対する責任は負いかねます。
  • 夜間飛行・学校や病院周辺・水上飛行については要相談とさせていただきます。
  • 夜間飛行は許可申請が必要となる場合があります。
  • 空港等の周辺の空域や人口集中地区の上空を飛行させる場合、
    夜間や目視外等において無人航空機を飛行させる場合等には、許可・承認が必要です。

飛行できない空域

  • 一般道路、高速道路、鉄道(駅周辺含む)、一般市民、一般家屋等の上空、
  • 空港の近隣、電波障害が考えられる場所(送電線の近隣等)
  • 公的な場所での飛行は、事前に警察等への届けが必要です。
  • 予め、ロケ現場周辺とその空域の状況、電波状況等の確認をするため、ロケハンは必須となります。
  • 重要施設及びその周囲おおむね300mの周辺地域の飛行が禁止されています。
  • 国の重要な施設等
    (国会議事堂、内閣総理大臣官邸、最高裁判所、皇居等、危機管理行政機関の庁舎、対象政党事務所)
  • 対象外国公館等 ・対象空港 ・大会会場等 ・対象防衛関係施設 ・対象原子力事業所 ・空港

その他注意事項

  • ドローンの万一のトラブル、墜落等により飛行出来ない場合の責任は負いかねます。予めご了承ください。
  • 各機関への許可申請を行う際は、2~3週間程度の期間を要しますので、早めのお問い合わせをお願いします。
    許可申請が間に合わず、撮影ができなかった際の責任は負いかねます。予めご了承ください。
  • 国土交通省 無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルールをお読みください。

※ 直前のお問い合わせでは
予約が大変取りづらくなりますので
 お早めのお問い合わせ・ご予約をお願い致します。
 場合によってはお問い合わせ頂きましても
 御断りする場合が御座いますことを御了承下さい。

※ 沢山の御依頼を頂いており
納期に通常よりお時間を頂く場合が御座います。

大分のドローンでの写真・動画の撮影
福岡のドローンでの写真・動画の撮影など
主に九州のドローンでの写真・動画の撮影を行なっております。
大分のドローンフォトグラファー、大分のドローンカメラマンをお探しの方。
大分でドローン撮影を行いたい方。大分で出張撮影をお考えの方。
CREATIVE HOUSEでは、高級機材を用いたクオリティの高い品質を低価格で、ご提供しております。
是非、お問い合わせをお待ちしております。

error: CREATIVE HOUSEの全てのコンテンツは著作権を保護しております。右クリック及びコピーは御控え下さい。