MENU

AI医療。医療・ヘルスケアのAI革命にNVIDIAも

大分 AI 医療システム

近年、高度なコンピューティングへの取り組みを足掛かりに、医療ITの次世代AIアプリケーションの土台は進化し
医療・ヘルスケアへの投資と提携は明確な戦略になっている。ブロードバンドインターネットへの接続が制限されている
医療環境でもAIを導入しやすくする、エッジ(末端)コンピューティングなどの取り組みを強化しているなか
半導体大手 NVIDIAも医療分野へ進出すると報道されています。
いよいよ、NVIDIAも参入し、本格化してきています。
医療業界にとっては、とても大きな前進だと思います。

近年、高度なコンピューティングへの
取り組みを足掛かりに
医療ITの次世代AIアプリケーションの土台は進化し
医療・ヘルスケアへの投資と提携は
明確な戦略になっている。
ブロードバンドインターネットへの接続が制限されている
医療環境でもAIを導入しやすくする
エッジ(末端)コンピューティングなどの
取り組みを強化しているなか
半導体大手 NVIDIAも医療分野へ
進出すると報道されています。
いよいよ、NVIDIAも参入し、本格化してきています。
医療業界にとっては、とても大きな前進だと思います。

ポイント
1.エヌビディアはライフサイエンス向けに広範なAIクラウドの構築に努めている。

2.エッジコンピューティングを活用し、医療機器のイノベーション(技術革新)を推進している。

3.次世代のスマート病院・診療所の実現を目指している。

1.ライフサイエンス向けに広範なクラウドの構築に努めている
エヌビディアは医薬品の研究開発用のAIモデルの構築、カスタマイズ、学習を支援するため、「クララ(Clara)」や「バイオネモ(BioNeMo)」などクラウドベースのツールを開発している。

例えば、バイオネモにはカスタマイズ可能な創薬用AIモデルが搭載されており、医療・ヘルスケア企業は自社データを使ってこれを微調整できる。米製薬大手アムジェンはこのプラットフォームの活用により、独自モデルの学習時間を最大75%迅速化できるようになった。香港の創薬スタートアップ、インシリコ・メディシン(Insilico Medicine)は従来のわずか3分の1の時間で前臨床試験(治験)の新薬候補を見つけた。

エヌビディアは米ラッドイメージネット(RadImageNet)と共同で米セグメッド(Segmed)と提携し、コンピューター断層撮影装置(CT)、磁気共鳴画像装置(MRI)、超音波などの画像用の合成データを生成している。これはAIモデルの学習と改良に使われる。

一方、スタートアップにテックインフラと専門知識を提供するプログラム「インセプション(Inception)」を通じ、ライフサイエンスの新興企業のエコシステム(生態系)で活発に活動している。AIを活用して細胞を解析するサイボ(CYBO、日本)や、AIとスーパーコンピューター(スパコン)を活用した創薬ツールを手がける米アトムワイズ(Atomwise)などプログラム参加企業と提携している。

ライフサイエンスツールのユーザー基盤を築くため、他の手段も探っている。例えば、米オラクルと提携し、オラクルのライフサイエンス分野の既存顧客にAIツールを提供している。三井物産とも組み、ライフサイエンスに特化したスパコンを開発している。

2.エッジコンピューティングを活用し、医療機器のイノベーションを推進
エッジコンピューティングのおかげで、医療機器の設計者はポイント・オブ・ケア(患者の近く)でより高度な機能を提供できるようになりつつある。この技術によりAIアルゴリズムはクラウドではなく、末端デバイス内でローカルにデータを処理できるようになり、分析リポートの作成や画像へのAI処理の適用などのタスク(作業)完了にかかる時間を大幅に短縮できる。

エヌビディアは分野特化型のAIコンピューティング基盤「ホロスキャン(Holoscan)」を開発し、医療機器メーカーがエッジでAIを構築、活用できるインフラを提供している。米メドトロニックなどの業界リーダーと提携し、メドトロニックのスマート内視鏡検査モジュールなどの医療機器にホロスキャンを組み込んでいる。このスマート内視鏡はAIエッジ処理により、医師が大腸内視鏡検査中にリアルタイムで異常が疑われる場所を検出できるよう支援する。

一方、AIを搭載した手術ツールを手がける米アクティブ・サージカル(Activ Surgical)に出資し、インセプションを通じて外科手術ロボットの革新的企業、ムーン・サージカル(Moon Surgical、フランス・米国)と提携している。

3.次世代のスマート病院・診療所の実現を目指している
エヌビディアは提携パートナーが患者ケアを改善し、患者への関与を強め、医療費の削減を支援する多くの医療ツールを提供している。例えば、端末とクラウドを高度に連携するエヌビディアのハイブリッドクラウド「フリートコマンド(Fleet Command)」により、医療機関は医療システム全体のサーバーやエッジ機器でAIを管理できる。

さらに「クララ・ガーディアン(Clara Guardian)」システムでは、スマートセンサーをスマート動画解析や対話型AIなどのAI機能と組み合わせている。スマートセンサーは病院・診療所の臨床ケアや業務効率の改善で重要な役割を果たしており、患者をモニタリングし、機器を追跡し、手順が守られているのか確認するのに役立っている。

エヌビディアは投資家としても関与している。20年にはバイタル(生体情報)のモニタリング、患者受け入れ能力の管理、患者の位置特定ツールを組み合わせた病院向けモニタリングネットワークを手がける米アーティサイト(Artisight)のシリーズAラウンドを主導した。

エヌビディアのインセプションは病院の運営や診療所向けシステムを手がける多くのスタートアップも支援している。患者モニタリングの自動化、患者の活動や位置、体温、支援の必要性を追跡する病院向けスマートプラットフォームの米ウーバ(Ouva)もその一つだ。一方、インセプションの参加企業である米ハートフロー(HeartFlow)は、動脈の形や血流の量、閉塞状況を可視化する非侵襲の心臓検査を手がける。

参考:日本経済新聞



詳しくは下記リンクより。

#大分 AI
#大分 AI医療
#大分 透析 AI
#大分 医療システム

#透析 AI
#透析 IoT
#医療 AI
#医療 DX

#AI 医療
#透析 合併症 防止
#透析コンソール AI
#透析 自動化

  • URLをコピーしました!